働きながらでも学修(通学)できますか?

A.可能です。
修得に必要な30単位のうち、大部分を土日開講で無理なく受講できます。土日の履修だけでの修了ももちろん可能です。また、校舎以外でも同時・双方向で学修が可能なメディア授業で履修できる科目も数多くそろえています。
 

自宅で受講できますか?

A.可能です。
必修科目などの一部の科目を除いてメディア授業での履修が可能です。メディア授業は、教員のいる会場と自宅を双方向TV会議システムで結んで授業を展開します。
 

学校に勤務しているのですが、教育実地演習は必要ですか?

A.必要です。
教育実地演習は、教育実習と異なり、現場での仕事の改善を目指すものです。実習はおおよそ3週間、自信の職場で行い、大学の担当教員が3回程度訪問してアドバイスを行い、共に考えることで業務である教育活動の改善を目指します。
 

プロジェクト研究はどのように行うのですか?

A.プロジェクト研究は2年間にわたって学びます。
1年次のプロジェクト研究Ⅰではグループを組み活動を、また2年次のプロジェクト研究Ⅱでは個別に教育実地演習の成果も踏まえながら行います。
内容面では、各学生の現場での課題意識に基づいてテーマ設定を行うことで、日常の業務の質の向上を図ります。
 

学費の分納制度はありますか?

A: 授業料の分納制度があります。
   授業料の分納は2分納、4分納、8分納があります。

2,4分納は、指定の期日までに振込みをしていただきます。
8分納は銀行口座から自動引き落しになります。
 

学費はどの程度かかりますか?

A.1年間の授業料は70万円です。
その他の費用として、入学金15万円、施設設備費10万円(年額)が必要となります。
2年間で修了する場合の総額は175万円となります。
 

大学を卒業していないのですが、大学院を受験できますか?

A.条件を満たせば、可能です。
大学を卒業していなくても、以下の条件を満たしている方は出願が可能です。
・高度専門士を取得している方。

学士・高度専門士をお持ちでない方
22歳以上であること、学士(大学卒業)と同等の学力を持っていることが条件となります。大学院入学試験受験前に、個別の出願資格審査が必要となりますので、各入試日程の2週間前までに教育実践研究科事務局までお問い合わせください。