カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー
 本研究科のカリキュラム・ポリシーには3つの柱があります。
 その第一が教育の専門職者として倫理規範を持ち、職能開発を続けていくための専門職性、第二が教育の専門職者として倫理規範を持ち、職能開発を続けていくための教育課題の把握・理解・対応能力、第三が主体的な学びへの動機、学びの実施を促すための能力の涵養です。これらには、高度専門職業人養成に特化して、実践と理論に基づいた教育を重視する専門職大学院だからこそ強化できる部分が大きいです。
 
したがって、本研究科ではこの3本柱を育成するためにカリキュラムを組みます。具体的には、専門職の倫理・職能及び教育実践研究に係る部分を基盤科目、教育学の基礎の涵養と最新の教育課題への対応能力及びその育成の部分を基幹科目としています。専門科目では教育実践・システムに関わる科目を共通領域とし、初・中等教育の学校に特化した科目を特に学校教育領域として別途設けています。また、教育実践を支える教育思想、理念・理論的な部分、教育制度・政策面の理解の面について関連科目の中で扱っています。最後に、実践の総仕上げの機会として「教育実践演習」を設け、理論と実践の融合・往還を目指す取り組みとして「プロジェクト研究I」「プロジェクト研究II」を設けています。