専任教員〜教育実践研究科〜

 
 

研究科長 挨拶

実践者を目指しましょう。



研究科長 大野 精一


 小中高校や職業人養成機関(専門学校や看護・医療・福祉等の養成機関)では、そこで学ぶ児童生徒学生が自分自身の人生を最終的に各種の職業において花開くように願いつつ日々教育が行われています。ただこうした願いや役割は、知識社会化や情報化、グローバル化の進行により目まぐるしく移り変わる社会の中では十分に実現し得なくなってきています。
 このような社会的な課題を受けて、私たちの研究科ではこれから新しく社会に出て行く子どもたちや若者を真に援助するために教師が何をどうすればいいのか(教育実践のあり方)を究明し、それを実際にできるようにすることを目的としています。私たちの研究科は、単なる教員としての実務経験の重視に偏ることなく、過去の知識体系として積み重ねられてきた教育理論を点検しながら実践理論として鍛え上げようとしています。また、ここには教育現場で経験を積んだそれぞれの教員が持っている有益な暗黙知をわかりやすく取り出し、議論することも含んでいます。
 さらに私たちの研究科に入学するみなさんは、将来有能な「教育実践」家として生きることを期待されています。
 自分の頭に単なる知識としてそれらを蓄積するだけでなく、自分の血肉とするために自分自身が「ああ!こういうことなのか」とその意味や意義・価値を実感し体得しなければなりません。教師は、こうして得た実践知を各教育現場で何時、どのように発揮するのか適時適切な判断を求められます。
 「教育実践」とはこうした土台の上に成り立つものです。私たちの研究科は、他大学院研究科にはないこうした特長を可能にする授業科目・カリキュラム、それを担当する教員と学びやすい教育施設を整えました。
 次代を担う若人を育てるために私たちの研究科で一緒に学んでみませんか。教育実践に意欲的なみなさんと協働しながら私たちの研究科を発展させていきたいと願っています。

 専門分野/学校教育相談(スクールカウンセリング・学校カウンセリング)、学校心理学、カウンセリング心理学
教育現場で単に実務的にうまくやれる実践者を目指すのではなく、何故うまくやれるのかを点検・模索するために、関連文献を広く正確に読み、授業などでの議論や相互批判に耐えうる論拠(理論と根拠)を見出してください。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎日本の学校現場における教育相談活動の理論的・各国比較的な研究 ◎学校心理学とカウンセリング心理学、日本における学校教育相談実践を基礎とする学校教育相談の実践的かつ構造的な体系化とそのテキスト作り
科目名:専門職者としての倫理規範、学校教育相談特論、キャリア教育特論、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

西村 哲雄(にしむら てつお)教授


専門分野/理科指導法、土壌及び肥科学、生徒指導、学校の危機管理
平成30年度からの新学習指導要領を踏まえ、理科教育における理論と実践を融合させた研究や理科教育における”実感を伴った理解”を図るための教材開発、評価の在り方などを学校実地調査をしつつ研究してみませんか。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎理科教育と共生の研究 ◎初等教育指導法(理科)における実感を伴った理解の研究 ◎小学校理科における教材開発研究
科目名:教材・授業研究Ⅱ(数理)、教育実地演習、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

三田地 真実(みたち まみ)教授


専門分野/応用行動分析学、ファシリテーション、コミュニケーション障害学
教育の本質とは何か、意味のある教育の場づくりとはどうあるべきなのか、一緒にみなさんと考えていければと思っています。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎スクールワイドのポジティブな行動支援(PBS) ◎ライフヒストリー ◎曼荼羅ワークショップの共生社会構築への効用
科目名:ファシリテーション特論、行動分析特論、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

三輪 建二(みわ けんじ)教授


専門分野/生涯学習論、成人教育論、省察的実践論、専門職教育論
教育実践研究科は、広い分野の教員の現場教育を主に担当する研究科です。必要とされる新しい知識や技能のほか、今までの教育実践をリフレクション(省察)し、自分の実践をきちんと整理できる専門職の育成を目指します。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎教員・保育者などの現職者の能力開発 ◎児童・生徒とは異なる成人・大人の学習と学習支援 ◎リフレクション(省察)研究 ◎個人や集団、組織が学び合うコミュニケーションになる方法論
科目名:生涯学習特論、専門職者としての職能開発、教育実地演習、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

阿部 利彦(あべ としひこ)准教授

専門分野/特別支援教育、教育相談、学校カウンセリング
発達障害のあるなしにかかわらず、より多くの子どもにとってわかりやすく学びやすい教育環境づくりをめざす「教育のユニバーサルデザイン(UD)」そのよりよい実践に向け、日本中の学校現場を巡りながら先生方と学びを深めています。院生の皆さんとはUD研究を通じて共生教育の未来を一緒に考えたいと思います。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎教育のユニバーサルデザイン化〜授業・教室環境・人的環境のUD〜 ◎通常学級における教科指導を通じたソーシャルスキル力向上の効果について ◎発達が気になるこの強みに着目した支援について〜個別支援と学級支援の両輪で〜
科目名:教育のユニバーサルデザイン特論、教育実地演習、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

石原 朗子(いしはら はるこ)准教授


専門分野/高等教育論、教育社会学
学生時代は、教育関連職につきながら社会人院生として学んでいました。その中で自らのいる高等教育の現場に興味を持ち、研究をスタートさせました。皆さんも、大学院で興味関心を大切に共に考え学びを深めていきましょう。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎大学・大学院教育 ◎専門職教育 ◎職業教育 ◎大学通信教育 ◎高校通信教育
科目名:教育社会学特論、教育実地演習、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

岩澤 一美(いわさわ かずみ)准教授


専門分野/発達障害の児童生徒の指導、発達障害の子どもを持つ保護者の支援
インクルーシブ教育システムを構築する中で、重要視されるのは特性に応じた指導ができる力量を兼ね備えた教師です。ひとりでも多くの子どもたちが笑顔で学校に通うことができる環境づくりを共に目指しましょう。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎特性に応じた生活指導 ◎SSTが集団に及ぼす効果 ◎発達障害と不登校
科目名:発達臨床実践特論、教育実地演習、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

大隅 心平(おおすみ しんぺい)准教授


専門分野/学校・学級経営、特別活動、道徳教育、現代社会における子ども論
教育は大きな転機を迎えています。実践と理論の往還を通して、教育実践の豊かな土壌を構築しましょう。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎組織的な教育力を高める学校経営 ◎自治的自律的な集団形成と学級経営
科目名:学級経営・学校経営特論、教育実地演習、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

樫永 卓三(かしなが たくぞう)准教授


専門分野/保育内容(表現)、図画工作科教育、教材・授業研究(表現)

造形活動は本能に基づく表現の一つです。先ずは、心のおもむくままに楽しみながら、自分だけの表現活動を追求してみてください。表現する喜びを全ての子どもたちに、しっかりと提供できる教師としての資質能力を学習しながら身に付けていきましょう。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎図画工作における題材開発 ◎図画工作科教育とユニバーサルデザイン ◎主体性を育む図画工作科教育 ◎図画工作科教育における学び合い ◎意欲を引き出す素材開発
科目名:教材・授業研究(表現)、教育実地演習、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

斎藤 俊則(さいとう としのり)准教授


専門分野/情報教育、メディアリテラシー
コンピューティングやネットワーキングの活用を前提とする社会における問題解決の観点から情報教育の研究と実践を行っています。興味のある方はぜひ。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎情報教育によるDigital Equityの実現 ◎Computational Thinkingの学習機会の提供を通じた情報教育による地域コミュニティの支援
科目名:ICT教育利用演習、教育実地演習、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

山田 雅之(やまだ まさゆき)准教授


専門分野/認知科学、学習科学、コーチング、スポーツ心理学(運動学習)、教育工学
自身の動機と理論的背景にもとづいてフィールドで一緒に研究を実施しましょう。現場で求められる研究の礎を修士の間に築いていただければと考えています。多様な人と思想の中で一緒に知識を創っていければと思います。【詳細プロフィールはこちら
【研究テーマ】◎熟達化(熟達課程) ◎協調学習の実践と支援(アクティブラーニング) ◎学習支援システム(学習過程の可視化) ◎スポーツコーチング(アイスホッケー) ◎ゲーム分析(データサイエンス)
科目名:学習科学特論、コーチング特論、プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ
 

兼担・兼任教員

内田 友美
内山 絵美子
古壕 典洋
白鳥 絢也
林 義樹
前嶋 深雪
吉良 直
黒石 憲洋
寺脇 研
仲 久徳
山脇 直司