教育実践研究科

 研究科(課程) 教育実践研究科(通学制)Graduate School of Practitioners in Education
専攻  教育実践専攻Program for Educational Practitioners
定員 :入学定員 15名 収容定員 30名 
学位名  教育修士(専門職)Master of Education

 
【目的】
 建学の精神に則り、学校を中心とした学習社会において教育の中核を担う小学校・中学校・高等学校に在職している教員の教育力の向上と、専門学校等の職業人養成機関の教員の養成と資質向上をめざして、専門的職業を担うための深遠な学識及び卓越した能力を培うことを目的としています。

 

【特色】


Ⅰ 
これからの教育課題に対応する能力を強化

 小学校、中学校、高等学校、専門学校など、教育現場に携わる教員を対象に、教育の諸課題に対応する能力を鍛えていきます。そのために、本研究科では以下の科目を配置しております。

・アクティブ・ラーニングの手法を学ぶ科目
 ・ICTを用いた指導力を身に着けるための科目

・教育におけるユニバーサル・デザインの視点を学ぶ科
 ・グローバル化・国際的な視点を養うための科目
 ・道徳的な価値・判断に関する科目


Ⅱ インストラクション能力を鍛えます

 教員には、授業の設計・実行・計画のための能力、授業展開のためのファシリテーションの能力といった教授(インストラクション)のための能力が必須です。教育実践研究科では、こうした各学校種に共通する授業力の強化の科目と、学校教員に特化した科目を置いています。これらの授業科目を通して得た能力は、実際の現場(実地演習内)とリンクさせて、実践していきます。


Ⅲ 教育の専門職者としての資質・能力を伸ばします

 教員には、現場での経験を基にした実践力はもとより、課題の抽出・解決のために教授・学習の理論を踏まえていることも必要です。このように理論と実践の両面が求められる専門職者としての教員のために、本研究科では、以下の科目を置いています。

・専門職者としての倫理規範を学ぶ科目

・専門職者としての職能開発、自律学修者としての成長について学ぶ科目 


Ⅳ 現職者でも学べます

 教育実践研究科は通学課程になります。現職の方が仕事を離れずに学びやすいよう、土・日で授業が開講されますので無理なく学修することができます。また、多くの科目は自宅受講が可能なメディア授業(※1を採用しています。さらに学生の都合に合わせて学びやすい4学期制(※2を採用しています。

 

※1 メディア授業は、大学院と受講者の学修している会場(自宅)をインターネット回線で繋ぎ、ZOOM(ズーム)等を利用しています。学生は、同時双方向通信なので、ライブで学ぶことができます。

※2 本研究科では、1年間を4~6月、7~9月、10~12月、1~3月の4学期に分けています。各科目は特定の1期の中の1日の2コマ(90分2回)を使って行われます。

 


 
【実践から学ぶ】〜教育実践研究科で学ぶ、院生の声〜

 坂部 和宣さん(小学校教諭/愛知県)

教員をやっていて、経験の積み上げただけではうまくいかない、しっくりこないと思うことがあり、今一度学び直しをしようと思い立ちました。そんな時ある講演会で行動分析学というものに触れました。個人のせいにしない、行動には必ず原因がある、という点は、目からうろこでした。
授業は土日で受講しています。大変ではありますが、このくらい勉強する期間が1、2年あってもいいと思います。授業外でも、先生方とざっくばらんにお話をさせて頂く時間があって感激しました。











 久留嶋 典子さん(専門学校教員/香川県)

これまでは学生の前でいつも気を張って、遅刻や忘れ物など「小さな違反」に注意を繰り返し、学生との間には溝があるように感じていました。大学院の授業を通して、なぜ学生はその行動をしたのか、生徒の状況をつかむことが大切であると気づいてからは、学生を責めないアプローチで声掛けをするなど改善を重ねました。すると、学生のほうから私に相談をしに来てくれるようになりました。
学生と教員、学生と級友が信頼関係で結ばれてこと、効果的な学びが達成されると身をもって感じています。












 林 亜遊さん(専門学校学科長/滋賀県)
所属する専門学校が、専門職大学の設置を見据えており、大学院に通う同僚が数名いる環境です。私は専門学校卒業ですが、進学できる大学院があると知り、進学を決意しました。自身のキャリアとして、さらに高度な人材育成を期待されており、教える力・インストラクションに関わる力をつけたい、とこの大学院を選びました。
実際に通ってみて、全ての科目が役に立つと感じています。理論と実践の授業はひと繋がりになっているからカリキュラムはぜひ自分達の学校にも取り入れたいと思う魅力があります。












 内山 翔太さん(学生/千葉県)
教員である父の「教員になるなら、大学院まで行って勉強したほうがいい」という言葉がずっと頭に残っていて、大学生の頃から大学院進学を意識していました。学部では、自身の専門である国語科に関する学びは十分にしたつもりですが、あまり教育そのものに関する科目が充実していませんでした。教えることや、学級経営などについて、基本的な学びが必要だと思い、専門職大学院として実践的で教育に特化した学びができるこの大学院を選びました。例えば教育相談特論では、キャリア教育や三者面談などの場面において保護者と話をする際の基本的なことから学ぶことができました。こうした基礎をしっかりと自分の中につくることが重要ではないかと思っています。